カテゴリー「釣道具」の記事

2017年1月25日 (水)

車とフライロッド

昨秋から続けていたロッドメイキング、一昨年大容量で買ってしまったエポキシもやっと残り僅か。たぶん今秋には使えなくなる。(古いと硬化しなくなってしまう)

Shakespeare

ラストはこれ、シェークスピアのグラスロッド。#4~5 7’~8’ のロッドは良く出回っているけど、6’#2-3は他に見たことがない。塗装を剥がしてみたらトップから50cmくらいのところで継いである。バットとティップの下側は同じグラスファイバー、トップから50cm部分は透明のソリッドのシャフト、材質は不明。
謎が解けた。トップの径1.5mm、グラファイトならあるけどグラスではありえない。トップガイドは外すのが怖いのでそのまま、遊び心でオレンジに塗装。最近、某国産メーカーのカラフルなロッドにも人気があるようだし。
#2ラインが合いそう、20cmまでの魚が対象、オイカワ釣りなんかにもよさそう。用途が限定されるけど面白そうなロッドです。

それにしても昔のロッドの方が個性的。クルマも自動運転が間近だけど、どうなんでしょうかね - - - どんどん人間が退化する方向に向かっているような気がする。最近は最先のフライロッドに触れる機会がないのでわからないけど、クルマと同じようにも思える。

もう20年前のHPの記事だけど、お暇な方はご参照ください。現在の実情に合ってないこともありますけど。 車とフライロッド

さて、タイイングに移行です!

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

ROD MAKE

Rod_make

9月最終週は結局台風の増水で釣行できなかった。9月中頃からすでにロッド・メイキング・モードに入っていた。スペースに限りがあるのでタイイング道具を片付けて、余りものの板切れでロッド・ラックを作ってパーツや道具を調達。買い込んであったブランクや中古ロッド、これはその一部で物置には山ほどある。同じフライを何本も巻くのではなく、いろんなロッドが出来上がるのでこっちのほうが面白い。

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

新 旧

最近、孟宗竹のランディングネットが流行っているようです。で、オークションで落札しました。計3本になってしまったので古いのをオークションに。

Net

10年ほど使ったのにけっこう高値で落札されて、その差額が1500円也。C&Rネットは魚に優しいけど、写真写りはやっぱり普通のネットのほうが見栄えがいいような、

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

解禁準備

ホームリバーの解禁まで10日ほど、いつ釣行できるか未定だけど時間のあるときに準備だけでも。

Vest

フライは昨年の残り物(数年越しも含めて)で間に合わせる。増えたアイテムはC&Fのマグネット・フライホルダー、フライを替える時便利そう。昨年までは少なくてもフライボックスは複数だったけど、今年はこれ1個だけ。大型ボックス用が左右あるけど片方が空いてしまう。デジカメ用にでも。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

fishpond

Fishpond_2

Bag2_220年以上使ったショルダーバッグ、エディバウアーを流用したもの。ふと見たら垢がこびりついて洗濯のしようがない汚さ。で、新調しました。チェストパックだけどショルダーで使います。ポケットがいっぱいあるけどこんなにいらない。フライフォームが付いてるのでフライボックスがいらない。管理釣り場用なのでもっとシンプルなほうがよかったけど、

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

ランディングネット

先日の台風の大雨、ちょっと雨漏りがあって何故かPCをピンポイントで直撃。キーボードから浸入、動く気配もあったけどショートでもしたのか電源が入らなくなってしまった。いまだに古いXPだったので予備のWindows7に。幸いハードディスクは大丈夫だったのでデータも使える。PCを変えるのが面倒だったのでいい機会でした。

ちょっと忙しかったので釣りはご無沙汰、今週は行けるかな?

新しいランディングネットでアマゴの写真を撮りたい!

Net


ヤフオクで

軽ッ! ちょっと小さめ カーブは飽きたので  

ネットはオリーブ系などが無難だけど安いのがなかった 

写真はもっと濃い色だったのに 褪せたらいい感じ?

 

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

疲れ

まだまだ残暑厳しく夏の疲れもあって休養、9月の釣行に備える。夏はボサノバ、この人御年66歳のブラジル人ロックシンガーらしい。

Talex_3 TALEXのクリップオン、プラスチックと言えどもしっかりした造りなので軽くはない。合わせる遠近両用、近視の度数からして近を裸眼にするのは差が大き過ぎて難しいらしい。小さなアイに通すには裸眼がベストなので、小さなフライは通せないかもしれない。

眼が衰えると何かしら不便だが仕方がない。さらに大らかな釣りに移行 ---

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

遠近

お盆に殺生は --- 、迷ってたら京都北部は雨、濁りも出てるらしい。で、釣行中止。

Eg02 SALEのチラシが出てた眼鏡屋で遠近両用を試したら良い具合。これにクリップオンを付けたら、今までのように度付の偏光を外さなくてもフライを交換できる。
最初、サイトマスターを考えたがガラスなので重そう。アマゾンで探したらTALEXのプラスチック製があった。それでも二つ分なので軽くはないが、曇天や夕方限定だし普段にも使える。

今年は爽やかな天候で釣りをした記憶がなく、もう調光機能がなくなった古いピルキントンばかり使っていたが、これなら使えそう!

※ ほんとは遠近両用偏光レンズがベストだがとんでもなく高価だし、遠近両用は初めてなので先ずは慣れてから。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

Nipper

釣れなくてもウェット・ウェーディングで水遊びと思ったが、生憎の台風接近で雨模様。今年はつくづく釣行機会がそがれます。

Nipper

ベストにぶら下げたらアクセサリーにもなりそう、今期は残り少ないけど -----

暇つぶしにちょっとした買い物、ついでにCDも

若き女性ベーシスト、オバマもお気に入り

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

FINESSE

Finesse_2 リーダーは、ライン・状況に応じてT社のスタンダードかマキシマを使っていた。マキシマの手持ちがなくなったので、T社のFINESSEを買ってみました。マキシマと同じブラウンカラー(同じ素材?)、マキシマは普通のナイロンより硬めです。バット径が記載されていないがマキシマより二回りくらい細い、ターンオーバーするか心配。それともターンオーバーさせないという設計? HPには、急テーパー構造とあるが、同社のスタンダード・リーダーのテーパー部分が45%でFINESSEは50%、こっちの方がスローテーパー。ちなみにマキシマも50%で一般的にはスローテーパーのはず、なんか意味がわかりません。バット部・テーパー部・ティペット部の割合はマキシマに似ていて同じコンセプト--- (それってパ○リ?) マキシマはティペット部がクリアだけどFINESSEはブラウン、素人考えでは素材を変えるほうが手間がかかると思うのですが。まあ、ティペットを足すのでどっちでも同じですけど。実際に渓流で使ってみないとわからないが正直あまり期待していません。管理釣り場でのインジケーター・フィッシングに向いている気がします。

この暑さでは釣りに行っても無駄骨になるのでエアコンの効いた部屋でこんなのを -----

| | コメント (0)

より以前の記事一覧