カテゴリー「渓流釣行」の記事

2019年8月 2日 (金)

WET WADING

あまりに暑いので水に浸かりに。釣果は期待しなかったけど写真の2尾とチビが1尾、何れも黒いフライで。釣ってるときは良かったけど、帰りの林道歩きが厳しい。

20190802-kamikatura-1

20190802-kamikatura-2

AM11:00~PM2:00 もうちょっと釣りたかったけど下流域はアユ釣り師ばかり、早々と引き上げた。帰途の車外温度計の最高値は44.5℃!

20190802-kamikatura-3

この周辺の数本だけ紅葉? 品種が違うのかな - - -

 

これは、後日の動画。ボウズでした - - -

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

梅雨明け

20190726-kamikatura-1

ドピーカンの真昼間でもこのフライには反応が良かった。暑くてあまり歩かなかったので2尾だけ、でも上出来?

Fly-black

#16 ボディ:グースバイオット ウィング:エアロドライウィング ソラックス:スーパーファインダビング

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

久々の晴れ間

シーズン初めに好調だった渓、温存していたけど釣り荒れている様子でもなく好調維持。それでも素直に出たのは数えるほど、当たってもノラズや魚影を確認できても反応なしが多数。

20190717-kamikatura-3

20190717-kamikatura-2

上2枚は同じ魚、下は姿かたちは似ているけど違う魚

20190717-kamikatura-1

昨日の釣行、久しぶりの晴れ間で久しぶりのアマゴでした。古いテンリュウのブランクを組んだグラスロッド、このくらいの魚なら満月になるけど、軟らかいのでフッキングが甘くなるのが欠点 - - -

PS: 写真をよく見たら朱点が見えない、現場では気にしなかったけどヤマメ?(ここはアマゴしか居ない渓)

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

良 型

よーく引きました。赤いのが見えたのでコイツだと分かったけど。流れ込みの一級ポイント、イルカのように頭を出した良型アマゴ。でもフライの10cm手前、パラシュートのウィングポストを確認したように見えた。当然2度目はなかった。梅雨の合間、水も良い感じだけど相変わらずスレスレ。何度か出たけどカスリもせず、コイツだけでした。

20190705-kamikatura-1

亀岡の平の沢池、そろそろ咲き始めました。上桂川へ通う道中、四季折々風光明媚なところが数多くあります。帰途、休憩を兼ねて写真撮影。

20190705-kamikatura-2

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

スレスレ

昨日も上桂川へ、支流の本流との出合いから。

20190618-kamikatura-2

それなりに反応はあったけど、ほとんどがフライを見て脱兎のごとくUターン。プールの流れ込みのかけあがりで良型がヒットしたが寄せる途中で痛恨のバラシ。結局釣れたのはこれだけ - - -

20190618-kamikatura-1

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

相変わらず 上桂川

天気が安定しない、そろそろ梅雨入り? 水量が増えていいのではと思って入った渓は変わらず、次に入った渓は水量が増えていい感じ。ほんの数キロしか離れてないのに、釣りは難しい。プールで良さそうなのを掛けたがバレた。最後のポイントで何とか写真を撮れるのが釣れた。こんなのがと思われるでしょうが、フィールドに恵まれない当地ではこんなものなのです。高速を使わず片道2時間ほど、4.5時間の釣りではまずまずなのでした!

20190612-kamikatura-1

この時期は、いろんな草花も楽しめます。余談ですがテンカラが人気のようです。フライ、テンカラは、釣り+トレッキング+バードウォッチング+草花鑑賞、良い趣味です。

20190612-kamikatura-2

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

5月29日の京都上桂川

真夏並みの2日前、前日の降雨、この日は5月初めのように爽やかになった。

20190529-kamikatura-1
思ったほど水量は増えていないがぽつぽつと反応はある。川沿いの林道には、この花が満開の木が多くある。花見だけで終わらなくてよかった。

20190529-kamikatura-2
レギュラーサイズ、きれいな胸鰭!

20190529-kamikatura-3
後ろ姿も美形

20190529-kamikatura-4
本流に戻って休憩、橋から見たらプールに3尾の魚影確認。ライズはしていないが上ずって捕食態勢、下流に回り込む。手前から、突いたけどのらず、次は当たったけどのらず、フライをサイズダウン。流れに乗られて軟らかいグラスロッドがよく曲がりました。本流なので放流魚かと思ったが、魚体をよく見たら近くの支流から下ってきた個体かもしれません。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

いつもの京都上桂川

昨日の釣行、一昨夜の雨に期待して、午後から夕方まで。

20190522-kamikatura-1 
ミッジにライズしていたので、#19 ディアヘヤーカディスを吸い込んだ。

20190522-kamikatura-2
小さいのにスレ掛かりかと思うほどよく引いた。

20190522-kamikatura-3
垂れ下がった藤の花の下で飛び出した。

結局3尾、それなりに反応があったけどミッジのハッチだけで苦戦。前回音沙汰なしのポイントでもライズがあった、やはりドライフライの釣りはハッチに左右されるのを改めて認識。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

10連休明けの上桂川

20190507-kamikatura-1

20190507-kamikatura-2

午前中は10℃に届かず、午後も10℃は超えたけど北風が吹いて春先のような気候。春先に好調だった支流、魚影はそれなりに確認できたが、釣れたのはチビが3.4尾。下流に移動、何とか写真を撮れるアマゴが釣れた。幅広のオス、矢竹の6’6”#3がよく曲がりました。

出てもノラズばかり! 突いたりチラッとフライを見ただけも多数。連休中、相当いじめられたのかも? 気温が下がったのも一因かもしれない。前半は向かい風、軟らかい竹竿で苦戦、ウェラブルカメラを意識するせいもある。釣れたシーンはチビアマゴ、写真のアマゴはバッテリー切れした後。それでも青空と雨後の澄んだ水、5時間も釣ったので足は限界を過ぎてしまった。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

長靴

この日は限られた時間だったのでブーツフット、20年くらい前に買ったSIMMS。使用頻度は少ないがフェルトは張り替えた。接着剤の劣化でブーツのゴム部分が剥がれてしまったのでビスでとめて修理。まだ現役!

20190429-kamikatura-1

昨年ティップを折ってしまったバンブーロッド。ポキッではなくメシャッ、接着剤とスレッド巻き、エポキシコーティングで修理。#3 スローアクション、幸運にも4本2万円で落札したうちの1本。使う状況は限られるけど楽しいロッドです。

20190429-kamikatura-2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧