« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月30日 (木)

5月29日の京都上桂川

真夏並みの2日前、前日の降雨、この日は5月初めのように爽やかになった。

20190529-kamikatura-1
思ったほど水量は増えていないがぽつぽつと反応はある。川沿いの林道には、この花が満開の木が多くある。花見だけで終わらなくてよかった。

20190529-kamikatura-2
レギュラーサイズ、きれいな胸鰭!

20190529-kamikatura-3
後ろ姿も美形

20190529-kamikatura-4
本流に戻って休憩、橋から見たらプールに3尾の魚影確認。ライズはしていないが上ずって捕食態勢、下流に回り込む。手前から、突いたけどのらず、次は当たったけどのらず、フライをサイズダウン。流れに乗られて軟らかいグラスロッドがよく曲がりました。本流なので放流魚かと思ったが、魚体をよく見たら近くの支流から下ってきた個体かもしれません。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

いつもの京都上桂川

昨日の釣行、一昨夜の雨に期待して、午後から夕方まで。

20190522-kamikatura-1 
ミッジにライズしていたので、#19 ディアヘヤーカディスを吸い込んだ。

20190522-kamikatura-2
小さいのにスレ掛かりかと思うほどよく引いた。

20190522-kamikatura-3
垂れ下がった藤の花の下で飛び出した。

結局3尾、それなりに反応があったけどミッジのハッチだけで苦戦。前回音沙汰なしのポイントでもライズがあった、やはりドライフライの釣りはハッチに左右されるのを改めて認識。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

10連休明けの上桂川

20190507-kamikatura-1

20190507-kamikatura-2

午前中は10℃に届かず、午後も10℃は超えたけど北風が吹いて春先のような気候。春先に好調だった支流、魚影はそれなりに確認できたが、釣れたのはチビが3.4尾。下流に移動、何とか写真を撮れるアマゴが釣れた。幅広のオス、矢竹の6’6”#3がよく曲がりました。

出てもノラズばかり! 突いたりチラッとフライを見ただけも多数。連休中、相当いじめられたのかも? 気温が下がったのも一因かもしれない。前半は向かい風、軟らかい竹竿で苦戦、ウェラブルカメラを意識するせいもある。釣れたシーンはチビアマゴ、写真のアマゴはバッテリー切れした後。それでも青空と雨後の澄んだ水、5時間も釣ったので足は限界を過ぎてしまった。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »