« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月25日 (金)

New Net

年金生活の特典を生かして昨日も半日釣行、グリーンのネットを川に忘れたので濃いカーキを購入、何とかネットを使えるアマゴは2尾。

180524kamikatura1
水に映りこんだ新緑がきれいです

180524kamikatura5
美形のアマゴ

180524kamikatura3
朱点が多くパーマークが整然としています

180524kamikatura4

渓の傍にお住まいの方の話では、今年はフライフィッシャーが多いとのこと。C&Rもできたし増えているのかもしれません。なるほど、その渓では異常に魚が神経質でした。


| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

ウェット

昨日、この時期にしては涼しく爽やかな気候、1時間半で行ける上桂川下流域の支流へ。ウェット用ロッドを試したかったので本流に入ってみた。この辺りはアユ釣り場なのでアマゴが釣れることはほとんどない。大型のニジマスでも放流すれば面白い釣り場になるかもしれないが - - -

何にも起こらない退屈な動画です。ロッドは、リメイクした DAIWA PHANTOM PPF-806 フェルールが金属製のかなり古いグラスロッド、#6ライン指定だけどティップが繊細なのでDT4Fでやってみたら悪くない。サツキマスなんか狙えたら楽しいと思います。

180520kamikatura2

実績のある支流の枝谷には先行者、で支流をやってみることに。例年ならすでに渇水でカワムツの猛襲にあうが今年はまだ水況もよい。結果はアマゴが5尾ほど、カワムツも釣れたが突いても針掛かりしないようなチビばかりでそれほど鬱陶しくはない。楽しめた半日釣行でした。

180520kamikatura1

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

気分転換!

180515kamikatura2

寒いうえにバンブーロッドは折るしランディングネットは川に忘れるはで、散々の前回とは一転の夏日。ロッドはIZCKのグラファイト、ネットは最近使ってなかったラベンダー、それがよかったのか久々にちょっといい魚が釣れた。ちなみにバンブーロッドもネットも安物だし、ロッドは渓流では難しく補修できそうだしオフのオイカワ釣りによさそう。

180515kamikatura1

リメイクしたIZCK 8’3”#3 ストリッピングはメノウ(安物)

180515kamikatura3

サイズはそれほどでもないけど、こんな尾びれだと感激

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

寒っ !

昨日は一降り後の引き際、いいのではと上桂川へ。気温も上がるだろうと遅い出発で午後1時釣り開始。入渓してすぐの渕尻に定位していたアマゴ、もっといいサイズかと思ったけどそれほどでもないがきれいな体色。深みにもう1尾、良型に見えたけどこれは見向きもせず。ロッドは中古で手に入れた7’のオイルコーティング仕上げのものだけどしっくりこなかった。#3ラインを使ったけどかなり繊細で#2が合いそう。写真の魚でもよく曲がって使いこなせたら面白いロッド。

180510kamikatura

結局小型が4.5尾、良型はバラシや合わせ切れ、追ったのにドラグ、などでうまくいかなかった。途中でグラファイトに替えたけどリズムが狂ったのも一因か。夕方は気温が10℃を切って釣りと同じく寒い1日 - - -

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

Royal Coachman

Royalcoachman

スタンダードパターンはダック・クイル・ウィング、雰囲気は良いけど巻くのは面倒だしウィングは壊れるし投げたら回転してティペットがよれてしまう。ロイヤル・ウルフはNZの大マスにはいいけど渓流では使い道がない。で、やっぱりパラシュート。カラーリングがきれいだし釣れる。初夏から多用するパターン、ヤマメ(アマゴ) イワナにも!

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

また上桂川へ

あまりに天気が良いので、上流部へ行くより30分近い下流の支流へ。10年以上前に入ったことはあるが実績のない渓、釣れなくても散歩にと。

180505kamikatura1

何とか2尾、早い時期ならもっと釣れたかもしれない。すでに渇水、堰堤上は泥が被さって水質がよくない。高速や幹線道路は使わないので帰路も空いていて、ちょうどいい半日釣行。もうちょっと釣れたらと思うのは贅沢 - - -

180505kamikatura2

写真の堰堤下で釣れたアマゴ

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

京都上桂川

4月9日に撮影した動画です。その後も釣行したけど寒かったこの日が一番良かった。わからんもんです。人為的な要因もあるかもしれない。枝が被さって倒木もあるポイント、サイドキャストを強いられるのでフォルスキャストが多くなってしまいます。ノーカットでアップロードしました。無意識にブツブツ言いながら、魚はかなり居るはずなのに釣れたのは2尾。最後のはまずまずの型、思い出に残る釣行になりました。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »