« もう 気分は渓流 カメラ偏 | トップページ | 佐々里C&R 解禁 »

2013年3月 9日 (土)

Gear Bag

工楽松右衛門----- 誰それ?

倉敷への一泊旅行、大原美術館など観光で知られる美観地区を散策してたら、ガラス戸越しに目と目が合った!? 迷わず衝動買い、アウトレットと表示され3・4割安くなっていたので。
帆布製品といえば京都の一澤帆布が有名だが、帆布の7割は倉敷で生産されているとか。で、帆布を発明したのが工楽松右衛門というわけ。ちなみに工楽という姓はその功績から、時の幕府に「工夫を楽しむ」と言う意味で与えられたとか。

Bag_3
正三角形トートバッグ サイズH16×W44×D20cm、持ち手41cm 内ポケットあり

前置きが長くなりましたが、今まで使っていた神戸T社のリールケースも機能的で不満はなかったが、ちょっと味気ないかな--- ということでピッタリのが見つかった次第でした。

工楽松右衛門帆布のHP見たら、なんとアマゾンでも売ってました。今やネット時代、美観地区にも若い人が経営するお洒落な店が多く見られました。大原美術館も予備知識なしで行ったら、思っていたより中身が濃い。大原何某という人は倉敷紡績(現クラボウ)の創始者、なるほどなるほど--- 無知でした。

|

« もう 気分は渓流 カメラ偏 | トップページ | 佐々里C&R 解禁 »

釣道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう 気分は渓流 カメラ偏 | トップページ | 佐々里C&R 解禁 »