« ソルトウォーター | トップページ | 禁漁 »

2012年9月25日 (火)

最終釣行

カレンダーを見たら禁漁まで釣りに行けるのは今日だけ。渇水は変わらないが昨夕から気温が下がったので出かけることに。

6時出発、空いた京都市街を抜け貴船から峠を越えて上桂川上流部へ。前回スクープさせてしまったポイント。慎重にキャストしたがほんの僅かレーンを外れて微妙なドラッグがかかったフライに出てしまった。半分寄せたところではずれた。前回見た魚よりは小さかったようだがリベンジならず。少し釣りあがったが反応がないので中流部へ移動。

120925kamikaturataki

この前2尾出た区間もまったく反応なし。さらに水量が減っている。水温が14℃と悪くはないのだが。で、さらに下流に。この滝壺は数年前、ちょっと増水して波立った流れの筋で大きな頭がイルカのように出たが空振りだったところ。何回か通ったがその後は何にもなし。ちょっと下流から釣りあがったが、当然何にもなし。一見綺麗に見えるが、青い藻が繁殖して渇水の酷さを物語っている。

120925sasariyamame1_2 

120925fly 諦めて佐々里峠を越えて佐々里C&Rに移動することに。渇水に変わりはないが小さな谷なら何とかなるのではないかと。小さな流れ、浅いが落込みのすぐ下にある石の向こう側、絶好のポイント。#16 ピンクインジケーター付のブラックグリフィスナット、2度出たが神経質な出方。それではと#18、ハックルをパラッと巻いた羽アリパターン。案の定、ゆっくりパクッと。フライパターンで巧くいった例、いつもとは限らないけど。チビを1尾追加して堰堤下へ。

120925sasariyamame2

ここは、増水後大物が遡上しているのを期待して待っていたが叶いませんでした。それでも4.5尾出ました。いちばん大きかった魚は#12 ムネアカオオアリ・パラシュートを飲み込んでいました。よほど腹が減っていたのか? どの魚も痩せていたのは餌が少なかったのでは。体色はヤマメのようで黒っぽい朱点のあるのは交配してるからでしょうか?

120925sasaritaki_2 爽やかな気候、久しぶりに汗をかかずに済んだ釣り。

やっと夏の疲れも解消できそうな最終釣行でした。

|

« ソルトウォーター | トップページ | 禁漁 »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソルトウォーター | トップページ | 禁漁 »