« WIMSTON NEW MODEL | トップページ | ローガン フライフィッシャー »

2010年7月19日 (月)

再度 湖北の川へ

18日(日) 先週は、全国的に梅雨末期の集中豪雨。漁協に問い合わせたら、上流は水が引いてるとのこと。交通情報を調べたら、渋滞もさほど酷くない。今日を逃したら次は何時になるかわからないので、名神大山崎ICに向かう。

100718b

今日は皆出足が遅かったようで、渋滞はどんどん増えて栗東まではノロノロ、結局釣場に到着したのはPM1:00。水も思ったより多い。まず、前回入った区間に。すぐに17.8cmのアマゴが出た。これは幸先がいいと思ったら、案の定あとが続かない。おかしいなと思っていると、テンカラ師に追いついた。

100718a

かなり下流に移動。3年位前入ってよかった区間は、水が多くて危険。ちょっと上流へ戻る。チビアマゴが浮いてきたが、流れが重くて銜えられない。川沿いに葦を踏みつけて移動していたら、右足が空を切った。もんどりうって川の中へ。幸い、ロッドにもカラダにもダメージはなく、汗まみれだったのでちょうどよかったかも! そのままでもよかったが、ウエーダーに水が入って不快なので一旦休憩に。いつも携帯している予備のブーツフットを履いて、最上流部に移動。

100718c_2 サイズはそれほどでもないが、この川らしい体高のあるアマゴが釣れた。数は釣れなかったが、この1尾で満足。今度は、いい水況のときに来たいが、来年になってしまうかな。

|

« WIMSTON NEW MODEL | トップページ | ローガン フライフィッシャー »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WIMSTON NEW MODEL | トップページ | ローガン フライフィッシャー »