« パラダン | トップページ | MICRO PINE SQUIRREL ZONKER »

2010年5月31日 (月)

湖北の川へ

昨日の日曜日は湖北へ。今回も遅い出発で、昼過ぎにN川漁協に到着。窓口は閉まっていて、張り紙には近所の販売所で購入してほしいとのこと。向かいの家に出向くと、引き戸は開くのに応答がない。でも、人の気配が。コタツで寝ていたおじいちゃんに起きていただいて(叩き起こして)、やっと釣券を購入。

100530car

以前、上流部は釣ったことがあるが中下流部は初めてなので、川の様子を見ながら川沿いに上流へ。大阪では1週間前の大雨後、それほど降雨がなかったので楽観していたが、案に反して水量も多くササ濁り。中下流部は厳しそうなので、上流に向かう。以前入った区間には既にクルマが停まっていたので、最上流部まで来てしまった。関西周辺で、これほど山がよくて水がいい川を他に知らない。(と思っていたら、次から次とゴミが流れてくる---誰や!) 難点は、川通しが辛く道路も落石が多くて狭い。(ほんとは、四駆などヘビーデューティ車のほうがいいのだが仕方ない)

100530iwana

100530amago けっこう時間を費やしてから入渓。最初のポイントでチビイワナがスーッと浮いてパクっと食った、と思ったらすぐにバレた。すぐに同じくらいのイワナ2尾と小型アマゴ1尾出たが、後が続かない。ザラ瀬が多くなってきたので一旦上がることに。ちょっと下流に再入渓したが、川通しがきつかった割にはまったく反応なし。時刻は4時過ぎ、下流に戻ろうか考えたが狭い道が難儀なのでさらに上流へ。ザラ瀬が多いがちょっといい感じの瀬に来た。ここではライズもあって、小型アマゴが2尾。6時、納竿。

土曜日と日曜日午前、さんざん攻められた後では厳しかったのか? 水量が多いのも災いして竿抜けポイントも少なそう。で、小型しか釣れなかった。(と、腕の悪いのを棚上げして無理に納得するのもフライフィッシングの利点 !?) しかし、よい水況の時よい区間に入れば(それが最大の問題)、良い釣りができる期待を抱かせる川のような気がする。

100530midnight

帰路、京都辺りの名神高速。ETC割引の影響か乗用車(トラックではなく)の交通量が多い。追越車線は、文字通り数珠つなぎ。いつ多重事故が起きてもおかしくない。こちらは、走行車線を音楽など聴きながらノンビリ走行(実はクルマがボロで走らない)。どっちみち、到着時間はたいして変わらないんですけどね~! そんなこんなで、大物は次の楽しみに。

|

« パラダン | トップページ | MICRO PINE SQUIRREL ZONKER »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パラダン | トップページ | MICRO PINE SQUIRREL ZONKER »