« 千代川支流 八東川にイワナ釣り | トップページ | パラダン »

2010年5月23日 (日)

せっかくの釣行日なのに、雨で断念。そろそろ梅雨の走りのようです。京都の渓なら、このところ減水気味だったので、ニンフでやれば良い釣りができるかもしれないが、そんなエネルギーはありません。

Hat_2

ところで、雨の日は当然レインウェアを着ます。頭はどうでしょうか。キャップにフードを被るのが一般的だと思います。でも、雨が酷いとツバから滲みて全体が濡れてきます。で、今年手に入れたのが、このオイルクロスキャップ。防水スプレーを施しておけば、かなり耐水性があります。ただ、フードを被ると音が聞こえにくく後ろの視界が悪くなるので、好ましくありません。

同じオイルクロスでもFILSONのHATなら、フードを被らなくても大丈夫です。よほど横殴りの雨でなければ十分。これ、以前ニュージーランド釣行のときに用意したのですが、普段の渓ではちょっと気恥ずかしくて出番がありません。NZは紫外線が強いので、全体に縁のあるHATが必需品と聞いていたからです。

余談ですが、CAPとHAT。CAPは野球帽のようにツバが前だけで、HATは全体に縁があるもの---と、確か学校で習ったような記憶が。アメリカのカタログを見ると、キャップもHATとあります。CAPもHATに含まれるということでしょうか? 何れにしても、雨で釣行を断念するなら、どっちでも関係ありませんが!

|

« 千代川支流 八東川にイワナ釣り | トップページ | パラダン »

釣道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千代川支流 八東川にイワナ釣り | トップページ | パラダン »