« フィッシュクラフト展 | トップページ | 佐々里 C&R »

2009年8月21日 (金)

真夏の真昼間の佐々里C&R

※ 前記事の続き

セオリー通りなら木々で覆われた支流に入るところだが、蜘蛛の巣と格闘したくないし蜘蛛の巣がなければ既に誰かが釣った後ということになる。釣果は諦めて河原でのんびり過ごすことにする。下流のバラ園(?)裏のプールはもう山陰になっていた。河原近くまでクルマを乗り入れることができる。今日は、三脚を持ってきたのでデジカメで動画撮影もすることに。今年から使い始めたCampanella 3753RW、狭い渓でしか使っていなかったので開けたところで試してみたかったのです。

090819sasari1_2 一旦、道路に出て上流から釣り下ることにする。#10 スティミュレーターで逆引き。どうせ釣れないだろうけど、もしかして強い刺激に飛びついてくるかもしれない。沈めばウェットフライ風にもなる。もうちょっと遅い時間なら可能性もあっただろうけど、結局ダメでした。流れ込み脇でポショッといい感じで出たのはやっぱりコイツでした。

真夏の真昼間に相手してくれるような殊勝なヤマメ・アマゴはいません。それでも久しぶりに川でロッドを振ってストレスも解消。午後5時、早い帰途に着きました。

|

« フィッシュクラフト展 | トップページ | 佐々里 C&R »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィッシュクラフト展 | トップページ | 佐々里 C&R »