« 底抜けバラックバス大騒動 | トップページ | ビーズヘッド ピーコック »

2009年7月12日 (日)

WET WADING

蒸暑い日が続きます。そんなときは、これに限ります。ウェットウエーディング、水温が高い京都北部の渓には最適です。相変わらず、遅い出発で昼前に到着。気温は30℃近くあります。街中だと35℃くらいかもしれません。今日は、釣果は期待せず沢歩きのつもりです。

090712kamikatura1_2 

靴は名品、Dannerです。本革なので縮んでしまったのか、ウェットウェーディングの時しか履けなくなってしまいました。このお寺の上から入渓です。お寺沿いは、以前敷地内だから釣るなと怒られたので、それ以降避けています。

090712kamikatura2

すぐに、ちょっとした深みからエルクヘヤーカディスに出ました。ここのアベレージです。大きな魚は釣れたことがありません。

090712kamikatura3

しばらくして、堰堤下で釣れました。大岩の向こう側です。何投かして、スーッと浮き上がってきて何の迷いもなくぱっくり。どうせ雑魚だろうと抜き上げたらアマゴでした。

090712kamikatura4_2

結局、反応があったのはこの2回だけ。魚影は濃くないようです。以前、この渓の下流部はよく釣れたのですが、情報が出回ったのか最近は芳しくないようです。

090712kamikatura5_5 ま、この状況で2尾は上出来です。あまり落差がなく苔むした石の多い、良い渓です。条件がよければ、もうちょっと釣れるかもしれません。

|

« 底抜けバラックバス大騒動 | トップページ | ビーズヘッド ピーコック »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 底抜けバラックバス大騒動 | トップページ | ビーズヘッド ピーコック »