« 久しぶりの 佐々里C&R | トップページ | New Rod 続編 »

2009年6月18日 (木)

岩魚釣り

6月17日(水) 久々の平日釣行です。福井方面にも行きたいけど、ちょっと疲れ気味なので比較的近い鳥取千代川水系に。午前8時過ぎ、いつもの区間に入ります。水の状態も良さそうです。

7’のロッド、#3ラインに#14 エルクヘヤーカディスを結びます。すぐに出ますがバレました。またヒットするも手前に走られ手繰るのが追いつかずはずれました。今度は出たがノラズ、フライはそのままでドライシェイクをたっぷり付けてハイフロートに。いきなり出たが慌てて合わせ切れ、お粗末。そんなこんなでランディングできません。

090617iwana_2

かなり深い落ち込みにやってきました。ドライを諦めニンフに替えます。タナも深めにして数投、やっと釣れました。また、同じポイントに投げると根掛りのような強烈な引きです。上がってきたのは先程と同サイズ、スレ掛かりで底に潜ろうとしたようです。

今度はウェイテッドアントを小さなインジケーターの下、30-40cmに結びます。肩まで流してピックアップすると掛かっていましたがはずれました。銜えてから流れ下ったらしくアタリが出ません。岩のエグレや白泡の脇には#14エルクヘヤー、ヒラキや浅い瀬では小さめの黒系ドライ、深めの瀬ではウェイテッドアント、深い落ち込みや白泡の下にはビーズヘッドニンフと、あの手この手でやりましたが、反応はそこそこあるものの釣り上げる確率が低いです。

090617fly

ぽっかり浮かんだドライフライにポコッと出るのが岩魚釣りの醍醐味です。ポイントによってドライ・ニンフを交互にやるとけっこう手間ですが、今日はこれが正解だったような気がします。型も数も満足できるほどではありませんが、適度に魚に遊ばれて楽しむことができました。

|

« 久しぶりの 佐々里C&R | トップページ | New Rod 続編 »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの 佐々里C&R | トップページ | New Rod 続編 »