« 相変わらず 上桂川 | トップページ | そろそろ 管理釣り場の季節 »

2007年9月18日 (火)

佐々里ヤマメ

070918a

9月18日(火) 半日空いたので、佐々里C&Rに出かけた。今年は初めて、8時頃からハリマ屋さん付近を釣るが反応なし。すぐに上流部へ移動、キャンプ場を過ぎた辺りから釣り始める。けっこう釣り上がったが反応なし、2本の筋がある流れ込みの間の絶好のポイントでやっと出た。写真を撮って再度同じところを流すと、また追ってきたが油断していたのでドラッグがかかって食わなかった。少し上の瀬でも同サイズが出た。2時間ほど釣りあがっての釣果。水温は20℃近くあり、水量も若干少なめなのでこんなものだろうか。軽く昼食を摂って、下流をウェットでやってみたが雑魚ばかり、きっとアマゴもいるのだろうが出てこない。

070918b

15年位前、美山にはよく来たが佐々里は1度だけ釣った記憶がある。小さなヤマメが釣れた。どの辺りだったか忘れてしまったが、集落があっておばちゃんに声を掛けられたので今のC&R区間だったのだろうか? 田歌あたりの渓でもヤマメが釣れた。本流で準備をしていたら監視員が来て教えてくれたので、入ってみたら型は小さいが魚影は濃かった。最近、試しに釣ってみたらアマゴが少しいただけだった。

070918c 美山と言えば「かやぶきの里」が有名だが、写真の茅葺はC&R区間の真中辺り。よく見れば、あちこちに点在している。今は支流の棚野川が解禁直後の集中放流区だが、以前は「かやぶきの里」のちょっと上流だった。大きなプールがあってフライフィッシャーもライズ待ちしていた。その頃「かやぶきの里」の駐車場は空地で、茅葺の家には全然気付かなかった。この空地にクルマを停めて集中放流区から落ちてきた元気のないアマゴを釣った記憶がある。ネイティブか放流ものかわからないが、綺麗なヤマメで今日は納得。「かやぶきの里」でお土産も買った。帰路には、民家を改造した蕎麦屋もある。湯葉専門の料理屋もある。神楽坂トンネルの手前にはオーベルジュもあるが、高そう。いつも横目で眺めるだけで、フライフィッシャーにはやっぱりコンビニのおにぎりがお似合いのようで!

|

« 相変わらず 上桂川 | トップページ | そろそろ 管理釣り場の季節 »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相変わらず 上桂川 | トップページ | そろそろ 管理釣り場の季節 »